本日17日が50年目にリフトの営業が始まった日だというので、昨日思い立って第一回目の修行に行ってみた。 ちょうどスキーゲレンデ全体がホワイトアウトしているタイミングで、ちと滑り難かったが楽しんできた。

 いつも思うことだが、雪の上に立つとスキーをしなかった夏の日々が融け去り、昨日まで滑っていたような気がする。 滑り出しても、特別な違和感がない。 考えてみたら、夏の日も心の中では毎日滑っているのかも知れないな。